中国株のブログ
楽天市場

切り抜き詳細

発行日時
2018-5-16 7:30
見出し
中国3大IT企業の次を狙う小米(シャオミ)の上場
リンクURL
http://blog.livedoor.jp/yosizoukabu/archives/53345609.html 中国3大IT企業の次を狙う小米(シャオミ)の上場への外部リンク
記事詳細
6月中にも香港市場に小米(シャオミ)が上場します。

中国のユニコーン企業(評価額10億ドル以上の未上場スタートアップ企業)の中でもトップ3に位置する有名企業です。

中国ユニコーン企業1位はアリババが手掛けるアリペイ(世界最大の第三者決済)。2位が中国でシャア95%以上の配車アプリ(世界的にはウーバーが有名)の滴滴出行。

ちなみに、この滴滴出行。テンセント傘下の滴滴出車とアリババ傘下の快的打車が合併してできており、その後百度が出資していたウーバーの中国事業を買収して、ライバル関係にある中国の3大IT企業が出資しているという驚異的な企業。しかもシェア95%以上。そりゃ3大IT企業がすべて味方につけば中国では無敵でしょう。

話をもとに戻して・・・

小米(シャオミ)が上場すると、その企業価値(時価総額)は1000億ドル(11兆円)を超えるともいわれており、上場後の株価次第では中国3大IT企業の百度を抜き去るかもしれないといわれている注目企業です。

日本では知名度の低い小米(シャオミ)ですが、どんな企業かというとスマホメーカーです。2010年に創業すると瞬く間に中国市場を席巻して2015年には中国1位・世界で第5位のスマホメーカとなり、中国版アップルとも呼ばれ、創業者も中国版ジョブズとも呼ばれることがありました。

では、現在はどんな感じなのか・・・

2017年世界スマホ販売シェア

1位 19% アップル
2位 18% サムスン
3位 10% ファーウェイ(Huawei:中国)
4位  7% オッポ(Oppo:中国)
5位  6% シャオミ(Xiaomi:中国)
6位  5% ビボ(Vivo:中国)

アップルとサムスン以外は中国企業やん(゚∇゚ ;)エッ!?

中国企業恐るべし(; ̄Д ̄)

ファーウェイ(華為技術)は最近日本でもスマホが売っているからある程度有名ですよね。ファーウェイは世界的にも有名な中国発グローバル企業で売上は約10兆円と巨大企業です。

世界シェアでも中国企業が続々と名を連ねているのをみれば感じてもらえると思いますが、中国のスマホ市場の競争は熾烈を極めています。シャオミは2015年には中国のスマホ販売シェアでトップに君臨するなどカリスマ企業として名をあげましたが、現在は圧倒的な存在感は薄れています。

2017年 中国市場のスマホ販売シェア

1位 20% ファーウェイ(Huawei)
2位 18% オッポ(Oppo)
3位 15% ビボ(Vivo)
4位 12% シャオミ(Xiaomi)
5位 10% アップル

小米(シャオミ)は、中国市場や新興国での成長性に乗っかることで今後数年間は売り上げや利益は上昇するだろうといわれているため、上場に対する注目度は高いですが、将来性に関しては以前のような強いブランド力が維持できているわけでもなく、競争激化に勝ち残れるかは疑問だと感じてます。

よしぞうだったら購入しないですね。


ブログランキングに参加中 クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサードリンク


スポンサードリンク


Powered by 中国株ネット ヒロポンプロジェクト