中国株のブログ
楽天市場

切り抜き詳細

発行日時
2018-5-17 7:30
見出し
テンセント2018年第一四半期決算
リンクURL
http://blog.livedoor.jp/yosizoukabu/archives/53346566.html テンセント2018年第一四半期決算への外部リンク
記事詳細
先日、テンセントの2018年第一四半期の決算が発表されていました。

英語の苦手なよしぞうはグーグル先生頼みなので、間違っていたらごめんなさいね。

決算の内容は・・・

売上高 735億2800万元(前年対比48%増加)
純利益 232億9000万元(前年対比60%増加)
ESP 2.47元(前年対比60%増加)

市場の予測は・・・

売上高 710億8600万元
純利益 183憶8700万元
ESP 1.85元


市場予測よりは良かった決算でした。


前期(17年4Q)は、売上の伸び悩みが指摘されていましたが、今期は改善されていました。

17年3Q → 17年4Q   1.8%増加
17年4Q → 18年1Q  10.7%増加

「売上高」

17年1Q  495億5200万元
17年2Q  566億0600万元
17年3Q  652億1000万元
17年4Q  663億9200万元
18年1Q  735億2800万元

「純利益」

17年1Q  144億7600万元
17年2Q  182億3100万元
17年3Q  180億0600万元
17年4Q  207億9700万元
18年1Q  232億9000万元

「微信(中国版ライン)のアクティブユーザー数」

17年1Q  9億3780万人
17年2Q  9億6280万人
17年3Q  9億8000万人
17年4Q  9億8860万人
18年1Q 10億4000万人

アクティブユーザー数は10億人を超えてきました。

オンラインゲームでは世界的に有名なバトルゲーム「PUBG」の収益化に期待できるそうです。

スマートフォンゲームの売上は前年対比で68%増加。

オンライン広告の売上は前年対比で55%増加。

その他の事業(金融やクラウド等)は111%増加

クラウドサービス収入は前年対比で2倍になっている。


総売り上げ=付加価値サービス+広告+その他
735億2800万元


付加価値サービス事業(ネットゲーム・音楽ストーリミング・映像ストーリミング等)
468億7700万元(前年対比34%増加)

オンライン広告収入
106億8900万元(前年対比55%増加)

その他(クラウドサービス・金融手数料)
159億6200万元(前年対比111%増加)


総売り上げに対する割合

付加価値サービス  63%
オンライン広告   15%
金融・クラウド   22%



オンライン広告や金融・クラウドサービスなどが今後も伸びてくれば、テンセントが保有している微信などのプラットホームで安定して稼いでいけると思います。

ただ、やはりゲームの売上が多くを占めており、ここが大きく伸びるとまでは思えないので、利用者数が頭打ちになりつつあるので、今後の成長速度は減速感が出てくるのではないかと思います。

オンライン広告や金融・クラウドの伸び方によっては高成長を維持できるかもしれませんが、利用者数の伸び悩みを考えれば、今後は高成長というよりは安定成長に移りつつあるのかな。


ブログランキングに参加中 クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサードリンク


スポンサードリンク


Powered by 中国株ネット ヒロポンプロジェクト