中国株のブログ
楽天市場

切り抜き詳細

発行日時
2018-6-4 7:30
見出し
集中投資は含み損に敏感に
リンクURL
http://blog.livedoor.jp/yosizoukabu/archives/53347790.html 集中投資は含み損に敏感にへの外部リンク
記事詳細
結果的に集中投資をしている(含み益が多い)場合はあまり気にしなくてもいいと思うのだけど、利益があまりない場合の集中投資は含み損に敏感な方がいいと思います。

集中投資が危険だと思われているのは、損失が拡大するスピードが早いという事だと思います。

かなり早い段階から集中投資を採用しているとあまり含み益や確定利益がない状態だと思います。

その場合、損失には敏感に反応して、「損小は小さく、利益は大きく」を着実に実行した方がいいのではないかと考えています。

集中投資にも関わらず、含み損が出ている状態でホールドを貫いていると、どうにもこうにも動けない状態になり、場合によっては長期間の塩漬けにならざるおえない事になりかねません。

「市場環境が整えば、また元に戻るさ」なんて楽観論は、含み益があってこそであり、損失が出ている状態では、取るべき戦略ではないと思っています。

自分の投資先の銘柄選択の判断が間違っていた場合、楽観的に含み損や暴落に付き合っていたら、まさに取り返しのつかない事になりかねません。

資産を大きく増やすのは集中投資ですが、資産を大きく減らすのも集中投資なんです。

なので、集中投資する場合は自分の間違いを素直に認める潔さが必要だと思います。

臨機応変に対応する事がベストな選択を取れるのではないでしょうか。


押してくれたら嬉しい! 応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
スポンサードリンク


スポンサードリンク


Powered by 中国株ネット ヒロポンプロジェクト