中国株のブログ
楽天市場

切り抜き詳細

発行日時
2018-6-12 7:30
見出し
アマゾンのホールフーズの活用
リンクURL
http://blog.livedoor.jp/yosizoukabu/archives/53348262.html アマゾンのホールフーズの活用への外部リンク
記事詳細
アマゾンは去年にホールフーズという高級スーパーを買収しました。

そのホールフーズを利用しながら、様々な手を打っています。

「プライムナウの強化」

プライムナウという配達料無料(〇〇円以上の購入が必要などの縛りがある)で2時間で配達してくれるサービスにおいて、ホールフーズの商品が届くようになりました。これにより生鮮食品などの品揃えも増えたみたいです。

プライムナウは日本でも導入されていますけど、共働きが増えてくると重宝されていくサービスではないかなと思っています。共働きである程度収入が確保できてくると、増えた収入の一部で節約よりも時間や手間を買う事が増えてくると思います。

あと、ネットに慣れ親しんだ団塊世代がさらに高齢になっていくと、ネットスーパーの利用も加速するだろうしね。

「ホールフーズ店舗にてアマゾンの会員限定の割引」

店舗のセール商品をアマゾンの会員はセール値段からさらに1割引きにしてくれるそうです。あと、週替わりでお勧め商品を会員にだけ割引を行うみたいです。

たとえば、炭酸水のケース(12本入り)を買うと、さらにもう1ケース無料でもらえるみたいです。

家の近所にホールフーズ店舗があり、買い物に行く人であれば、アマゾン会員にならないと損ですよね。これだけで会員に入ろうと思う人もいるでしょう。

ホールフーズ店舗でのアマゾン会員への割引サービスは現在は一部店舗にて行っていますが、夏には全米各店舗へと拡大していくそうです。

「5%のポイント還元」

ホールフーズ店舗にてアマゾンが発行している会員用ビザカード(クレジットカードのVISAです)を使って買い物をすると5%のポイントが付くんです。日本のイオンがやっている「20日・30日は5%オフ」というやつが毎日出来るという事になります。

ちなみにアメリカのアマゾンでは、このクレジットカードでアマゾンのサイトの買い物を決済すると5%のポイントが付くそうです。



リアルな店舗にて、アマゾンの会員に向けたサービスを充実させる。

そうすることで、アマゾンの会員になろうとする人が増えれば、アマゾンのサイトも使用してくれるだろうし、ネットと店舗とそれぞれで足りない部分を補えば、お互いがもつ欠点をカバーできることにもなるので、アマゾン・消費者ともにメリットがあります。

少しづつリアルとネットの垣根を侵食しながら気が付いたら「いつの間にか貴方の隣にはアマゾンがいる」なんてことになるのかもしれませんね。

う〜ん、なんだかホラーちっくだな(笑)


押してくれたら嬉しい! 応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


スポンサードリンク


Powered by 中国株ネット ヒロポンプロジェクト