メニュー
TOP
保険
航空
銀行
小売
金属(鉄・非鉄)
自動車
ビール
石油
建設・建築
通信
不動産
電力・ガス
ソフトウェア
製造(重工業)
IT企業
運輸
楽天市場
トップ  >  不動産  >  恒隆集団


00010
恒隆集団有限公司
Hang Lung Group Ltd.
恒隆集団 (ハンルングループ)
メインボード




恒隆集団を有名にしたのは、2001年に上海にオープンした恒隆広場という高級ショッピングビルです。この恒隆広場は、上海で最強のショッピング街と言われる歩行者天国「南京路」の目立つ場所に位置しています。そして、この恒隆広場は世界最強のブランドを取り揃えた「超富裕層向け」のショッピングモールです。こちらの方が目がまぶしくなってくるようなブランドをガンガン揃えました。香港財閥の恒隆を見せ付けたビルとなりました。

HangLong不動産のウェブサイトです。もちろん、トップページには上海の恒隆広場のブランド「Plaza66」が置かれています。目の前にある低層ビルがショッピングセンターになっていて、2つのタワー部分は、オフィスになっています。上海で最も価格の高いオフィスビルの1つとなっています。外資系企業など有名企業がこのオフィスを使っています。そして、それが恒隆の重要な収益源となっています。

Hanglung
上海に恒隆は1990年代に進出を決めていますが、この地域は当時から「悪くない場所」でした。この場所が取れただけでも凄いですが、そこに当時はまだ購入者が少ない超高級ブランドを立ち並べるという計画を打ち立てた恒隆集団(hanglung)はさすが香港財閥!だけの事はありますね。この香港系財閥の恒隆集団は、上海に進出する前には主に香港での不動産ディベロッパーとしての業務、賃貸業務などを行っていました。

grandgatewaygif.gif
恒隆集団は、この恒隆広場以外に上海でもう一箇所ショッピングセンターを持っています。1999年に徐家匯にオープンした上海港匯広場です。この徐家匯は、昔から中国の富裕層が住んでいた高級邸宅などがあった非常に良い場所です。

そちらもバーバリーなどの高級ブランドを取り揃えていますが、価格帯が下がるユニクロやZARAなどファーストファッションのお店も入れている事が特徴です。この上海港匯広場は、恒隆広場にも負けないような立派な作りになっています。

恒隆集団と聞けば、多くの中国人がこの恒隆広場と上海港匯広場を思い浮かべるはずです。上海のショッピングセンターとしては、この2つはあまりにインパクトがあり有名です。

この恒隆集団の戦略としては、この2つの「旗艦ショッピングセンター」を戦略の中核に添えて知名度を高めて、中国各地に同じような形のショッピングセンターを作ろうと企画して、それを実行に移しています。

現在は、山東省の省都である済南市に2007年から超大型ショッピングセンターが建設中です。また、 瀋陽には既に1つ皇城恒隆広場がありますが、もう1つ市府恒隆広場を2007年から建設中です。無錫には、恒隆広場1期、2期を建設中です。大連に恒隆広場を2009年に建設を開始しています。天津も恒隆広場を建設中です。このように全国の特に沿岸部で恒隆広場の建設をガンガン進めています。

2011年時点にて、完成しているショッピングセンターは、上海含めて僅か3つ(上海の2つと瀋陽の皇城恒隆広場)!まだ完成しておらず「進行中」の案件を上記にあげた5つも抱え込んでいます。正直に言えば、恒隆集団の大きなリスクファクターはここですね。たとえ香港の財閥であったとしても、1000億円規模のプロジェクトを5つも進行したのでは、企業の財務に相当なやりくりが必要になるはずです。これらのプロジェクトのオープンは、2011年、2012年、2014年とまだ時間があり、その間に中国経済が失速するような事があれば非常に危ないという事ですね。

さて、今日はこの辺で、また。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:159 平均点:3.96
前
長江実業
カテゴリートップ
不動産
次
中国海外発展(0688)



スポンサードリンク


スポンサードリンク


Powered by 中国株ネット ヒロポンプロジェクト