楽天市場

切り抜き詳細

発行日時
2018-7-8 23:23
見出し
美肌効果はツバメの巣のような高価食材でなくとも!!!コチラの食べ物で、お手軽カンタン美肌作りを〜!
リンクURL
https://blogs.yahoo.co.jp/taipei_yacchan/15422908.html 美肌効果はツバメの巣のような高価食材でなくとも!!!コチラの食べ物で、お手軽カンタン美肌作りを〜!への外部リンク
記事詳細

暴飲暴食なタイワンの方々(笑)。    
でも実はすご〜〜〜く健康オタクで、美肌にはとっても関心のあったりもするんデスー  (には全く見えないのですが。でも本当デス   


ツバメの巣。
台湾では古くから美肌や様々な効果があると注目され、専門店での販売や、デパートなどの贈答品としても数多く販売されてきていますー。


なのですが。


コチラ、微風広場(復興×市民大道交差点近くの微風広場・ブリーズセンター)地下スーパー、


イメージ 1



ツバメの巣のようなお値段を出さずとも、同じような効果があるとされているのはコレ!


イメージ 2


      白キクラゲなんですね〜〜〜   



東洋医学。ニホンも遠い昔は医学と言えば東洋医学の国デシタ。
それがいつからか、ほとんど西洋医学一色に   
タイワンのように、個人個人がきちんと東洋医学を理解して、ケアできるところはまずは自分で。手術や深刻な病は西洋医学で、と、ニホンもそうバランスが取れると良いのですが・・・。


で、その東洋医学的にお話しすると。


まず美肌というのはもちろん化粧水や乳液など、外から美肌になることは2の次で。大事なのはそう〜、内面から  
それにはその人それぞれにあった必要なアプローチがあるのですが、まず言えるのはコラーゲンを摂取したから云々、というのはキホン的にその日やその数日だけで。
きちんと改善するには中から、まず「臓器を活発にする」ということなんですー。


肌に関してその臓器の話をするならば。
白キクラゲを食べる→気管が潤う→肺が潤う→肺が健康になる。
という意味がしっかりとあり。
肺を潤すことによって気管が潤い、気管が潤う事は風邪も、皮膚の乾燥も遠ざけることにつながっているんですー。
おわかりになりましたか〜〜〜???  



肺に良いとされている食べものは、キホン的に白い食べ物デス。
大根、ゆりね、白キクラゲ、蓮の実、かぶ、梨、白ネギ・・・そして金柑もそうデスー。

金柑はオレンジですが、肺や気管を潤す効果がありますー   
市場やカフェのジュース、九份などの観光地でもよく見かけるはずデスー。
タイワンの方は大気の汚染のためにも気管を大事にするためにすすんで金柑を食べますー。



イメージ 3



           そしてさきほどのコチラのお値段。
      なんと一瓶100元!!!  
「よく知らない人は、ツバメの巣。知ってる人は白キクラゲ」と書いてありますー。

コチラの商品は、薄い砂糖水のなかに白キクラゲが入ってるドリンクになりますー。
氷砂糖も実は肺を潤すと言われていますが、自分は日中結構甘いものを摂取する方なので  なるべく糖分を採らずに白キクラゲを採るようにしているのでコチラ、


イメージ 4


 

  迪化街まで行かずとも、どこの
  スーパーでも必ずみかけますー、
  そうこの乾物。
  「白木耳」と書いてあるモノが
  白シロキクラゲデス。

  毎日続けるオススメは、まず
  ホコリをおとすためにさっと
  水洗いしてから、お時間ある
  方はいったん水にふやかし
  ましょうー、私は常に手軽が
  キホンなので、そのまま
  お味噌汁へドボン。





しばらく経ってからいただくと、ちゃんとふやけていますー。


無味無臭なので、お味噌汁やスープに入れても。
また、ポン酢やドレッシングなどでサラダのように食べても良いと思いますー(その場合はもちろんふやかしてから)


もちろんそっこーで美肌にはなりませんー。
中から美しく。臓器を健康に。
それがいづれ表面に現れる、コレが美や健康のキホンだということを忘れないでくださいー   


ちなみに。


ニホンでもたまに漢方でやせる!というのを見かけたことがありましたが。
漢方ではやせませんー。
それは食欲をセーブするなにか(漢方以外のモノ)が入っていたりしないとありえませんー。
だったらタイワンの方、いまごろみなスリムデスー(笑)


こつこつと、美しく。
そしてそれが健康にもつながりますよ♪


頑張ってくださいー   







ほよよん&のんびり
ひとりでもたくさんの方に、タイワンのステキな情報を
↓コチラのアドレスにぽち。お願いします^^





スポンサードリンク


スポンサードリンク


Powered by 中国株ネット ヒロポンプロジェクト